クリスマスを祝うのは、12月25日? 1月7日? それとも両方?

クリスマスを祝うのは、12月25日? 1月7日? それとも両方?

世論調査
ウクルインフォルム
最新の世論調査により、ウクライナでは、77%の人が1月7日にクリスマスをお祝いしていることがわかった。

レイティング社が1月2日から4日にかけて実施した世論調査の結果を発表した

結果によれば、ユリウス暦にしたがって1月7日にクリスマスを祝うと答えた回答者は77%、グレゴリオ暦にしたがって12月25日に祝うと答えたのは3%であった。同時に、1月7日と12月25日のどちらも祝うと答えた人は15%に上った。また、5%がクリスマスを祝わないと回答した。

両方の日付で祝う、あるいは12月25日に祝うとの回答は、西部とキーウ(キエフ)市にて多かった。

また、新年の祝賀シーズンの中で一番好きな祝日について尋ねたところ、56%がクリスマスと回答。続けて、正月(1月1日)との回答が28%、聖ミコライの日(12月19日)との回答が6%、旧正月(1月14日)との回答が3%でった。

聖ミコライの存在を信じるかとの設問に対して、62%が信じると回答、35%が信じないと回答。極寒爺(ジド・モローズ)の存在については、31%が信じると回答、65%が信じないと回答した。

また、聖ミコライと極寒爺の人気、好きな祝日は、地域差が大きいことがわかった。西部では、聖ミコライとクリスマスが人気なのに対して、南部・東部では、極寒爺と正月の人気が相対的に高かった。ただし、南部・東部でも、極寒爺を信じると答えた者より、聖ミコライを信じるとの回答の方が多く、最も人気のある祝日は、クリスマスと正月が同程度の結果となった。

今回の世論調査は、レイティング社が2021年1月2日から4日にかけて、CATI(computer-assisted telephone interviews) 方式にて、被占領下クリミア・ドンバスを除くウクライナ全国の18歳以上の人物2500名に質問したものであり、理論的誤差は最大±2.0%となると発表された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-