ロシア裁判所、ウクライナ人の元サッカー選手に「スパイ」の有罪判決

ロシア裁判所、ウクライナ人の元サッカー選手に「スパイ」の有罪判決

ウクルインフォルム
ロシア連邦モスクワ市裁判所は、ウクライナ国籍のヴァシーリ・ヴァシレンコ氏に対し、「スパイ」を行なったとして12年の厳格収容所収容の判決を下した。

7日、露インターファクス通信が裁判所発表を元に報じた

報道によれば、ヴァシレンコ氏は、ロシア連邦刑法典第276条(スパイ)項目の定める犯罪を行なったと認められたとのこと。同時に、捜査内容は「完全に秘匿」の分類となっており、裁判過程は非公開で行われた。

報道によれば、ヴァシレンコ氏は、元サッカー選手であり、ベルジャンシク市の「ドルージバ」とメリトポリ市の「トルネード」に所属していたことがあるとのこと。

ヴァシレンコ氏の刑事捜査の詳細は不明。モスクワ裁判所の情報では、ヴァシレンコ氏は、2019年10月に拘束されており、最初の容疑は刑法典226.1条(危険物質あるいは文化的価値のある物・生態資源の密輸)であったという。

裁判前捜査を行なったのは、ロシア連邦保安庁(FSB)で、本件にはコメントをしていない。

なお、ロシア連邦には、100名以上のウクライナ国籍者が政治囚として拘束されている。その内10名以上の容疑・罪状が「スパイ」項目を根拠に実施されており、加えて拘束時には軽度の根拠条項を参照し、その後第276条のスパイ条項に切り替えられる場合が散見されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-