アンドリー教会、5年間の改修終了 訪問客受け入れ再開へ

アンドリー教会、5年間の改修終了 訪問客受け入れ再開へ

写真
ウクルインフォルム
2020年12月、約5年間にわたり行われていたキーウ(キエフ)市内のアンドリー教会の改修が終わり、訪問客受け入れを再開する。

2日、文化情報政策省広報室が伝えた

改修後のアンドリー教会を視察したトカチェンコ文化情報政策相は、「全ての絵画、イコン、イコノスタシスが修繕され、細部の清掃、床の研磨も行われた。配電・配管も変わり、新しい照明・暖房システムが設置され、空気循環や窓も変わった。ところで、18世紀の壁の当時の色は、ドイツの技術者がコンピューターを使った分析によって判明させたものだ。最終的な配色の確定と塗装の前に、36回の試験が行われた」と発言した。

トカチェンコ氏は、今回の改修はただ修繕されたのではなく、建造320周年にあたる今年に向けて、建造当時の建築家バルトロメオ・ラストレッリの最初の決定や見方を明らかにするものであったと指摘した。

写真:文化情報政策省


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-