ウクライナ国民の心配は、インフレ、公共料金、戦争

ウクライナ国民の心配は、インフレ、公共料金、戦争

世論調査
ウクルインフォルム
最新の世論調査の結果、ウクライナ国民が現在不安に思っているのは、インフレーション、公共料金の増額、不況、ウクライナ東部の紛争であることがわかった。

社会モニトリング・センターのオリハ・バラキリェヴァ氏が、同センターが11月18日から26日にかけて実施した世論調査の結果を発表した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

結果によれば、最も不安に思っていること(複数回答可)をたずねた設問の回答で最も回答が多かったのは、インフレーション(回答者全体の70.9%)であった。これに続いて、経済低迷と東部軍事紛争解決が69.8%、公共料金上昇が69.3%であった。

これに、失業問題が64.2%、政権内の汚職と縁故政治が63.6%と続いた。

バラキリェヴァ氏は、同結果につき「これら結果をまとめると、いつも通り、3つの主要な問題があるということになる。つまり、価格や失業、経済といった、社会・経済問題という生活水準に関わる問題、ウクライナ東部の軍事紛争問題、縁故政治、非専門性に関係する政権の問題である。これら3つの問題が、この1年間、引き続きトップの問題であり続けている」と発言した。

また同氏は、現在国家で起きている出来事h良い方向に向かっていると回答した者は全体の約4分の1、悪い方向に向かっていると答えた者は全体の約4分3であったと発言した。

今回の世論調査は、社会モニトリング・センターが2020年11月18日から26日にかけて国内24州とキーウ(キエフ)市で3020人に対して実施したものだと発表された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-