クリミアで拘束されている政治囚110名=人権保護団体

クリミアで拘束されている政治囚110名=人権保護団体

ウクルインフォルム
市民団体「クリミア人権保護グループ」は、現在一時的被占領下クリミアにてロシア占領政権に拘束されている政治囚110名のリストを公開した。

クリミア人権保護グループがフェイスブック・アカウントにてリストを公開した

発表には、「2020年10月末時点で、クリミアでは、少なくとも110名の人物が政治的動機あるいは宗教的刑事迫害にて拘束されている」と書かれている。

政治囚リストは、拘束時期・動機により20のグループに分類されている。

その内、最も数が多い「捜査・裁判」は、クリミア在住イスラム教徒を「イスラム解放党」に関わったとして拘束しているもの(通称「イスラム解放党案件」)であり、被拘束者は11グループ。このグループの内、拘束者が最大のものは25名の拘束者が出ている「第2シンフェローポリ・グループ」となっている。

その他、「チェレビジハン記念クリミア・タタール大隊案件」にて拘束された人物が7名、「エホバの証人案件」が6名、また映画監督センツォフ氏関連グループにてオレクシー・チョールニー氏が引き続き拘束されている。

その他、「マイダン参加」「クリミアのウクライナへの返還呼びかけ」といった案件にて拘束されている人物も掲載されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-