トルコ公文書館にて1918年のウクライナとオスマン帝国締結の条約原本発見

トルコ公文書館にて1918年のウクライナとオスマン帝国締結の条約原本発見

写真
ウクルインフォルム
オスマン帝国時代の公文書が保管されるトルコのオスマン公文書館にて、1918年にウクライナが諸国と署名したブレスト=リトフスク平和条約の原本と当時のウクライナ国家の元首パウロ・スコロパツィキー署名による条約批准書が見つかった。

14日、ウクライナ外務省がフェイスブック・アカウントにて伝えた

外務省は、「初めてネット空間にて登場する。ヘトマン(頭領)スコロパツィキーの署名の入った批准証明書原本とブレスト=リトフスク平和条約の原本だ。オスマン帝国も署名したものである。この原本は、その質、完成度、芸術的な文体、偉大な国家の封蝋(ふうろう)印章に心を奪われる」と伝えた。

写真:在トルコ・ウクライナ大使館

外務省はまた、今回これら原本は、在トルコ・ウクライナ大使館のシビハ大使やハマン駐イスタンブル・ウクライナ総領事や複数の研究者のおかげで発見されたと指摘した。

また、発表には、トルコのオスマン公文書館には9000万点以上の文書が保管されているが、その内ウクライナ関連文書は数万点に上るとあると書かれている。今回、偶然ブレスト=リトフスク条約に関する情報が保管文書リストにて見つかり、外交官がデジタル化された写しを要請したのだという。

ブレスト=リトフスク平和条約とは、1918年2月9日に、ウクライナ人民共和国がドイツ、オーストリア=ハンガリー二重君主国、オスマン帝国、ブルガリア王国とブレストにて署名した条約。第一次世界大戦で最初に締結された講和であり、同締結は、成立間もないウクライナ人民共和国が諸国から実質的な国家承認をされた出来事として知られている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-