被占領下クリミアで水不足 複数自治体で計画断水

被占領下クリミアで水不足 複数自治体で計画断水

ウクルインフォルム
9月7日からロシアが占領するウクライナ南部クリミアのシンフェローポリ市、シンフェローポリ地区、バフチサライ地区にて、干ばつによる水不足を受け、計画断水が始まる。

ニュースサイト「真実のクリミア」がクリミアのロシア占領政権の情報をもとに報じた

報道には、住民への飲料水の供給が時間によって制限されるとあり、例えばシンフェローポリ市では、水道水が使えるのは、朝の6時から9時までと、夕方の18時から21時までに限定されると書かれている。

シンフェローポリ市の「自治体」は、今回の第3回計画断水では、同市の水の一日の使用量は16万立方メートルから10万立方メートルまで減らさないといけないと伝えているという。

なお、シンフェローポリ市、シンフェローポリ地区、バフチサライ地区では、8月24日に1回目の計画断水が始まった。9月2日からは2回目の断水が行われた。

クリミア占領政府は、クリミア半島の水供給につき「最悪のシナリオ」に向けた準備をしていると伝え、ロシアのコントロールするセルゲイ・アクショーノフ「クリミア首長」は、2020年は過去150年で最大の干ばつとなっていると発言した。

なお、ウクライナ政権は、これまで繰り返し、大陸側から被占領下クリミアへの水の供給は、脱占領後にのみ再開すると発表している。

クリミア占領前は、クリミア半島の水需要の最大85%が大陸側ウクライナから南クリミア水路を通じて供給されていた。この供給は、ロシアがクリミアを2014年に占領した後に停止されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-