フレドリクス夫婦 MH17便撃墜で息子を亡くした二人
私たちの未来はない。それはMH17とともに打ち砕かれてしまった
22.07.2020 15:27

シレナとロブのフレドリクス夫婦の家の中には、あちこちに若い、笑顔のカップルの写真が飾ってある。写真には、彼らの23歳の息子ブライスと、その恋人のデイジーが写っている。この二人は、2014年7月17日に亡くなった。ロシアの地対空ミサイル「ブーク」がドンバス上空にて、アムステルダムからクアラルンプールへ向かっていたマレーシア航空MH17便を撃墜したのだ。その事件では、283名の乗客(内、196名がオランダ国民)と15名の乗員が亡くなっている。国際捜査チームは、MH17便を撃墜した地対空ミサイル「ブーク」はロシアのクルスクを拠点とするロシア軍第53対空ミサイル旅団に属するものであると結論付けている。他方、ロシアは、自らの撃墜への関与を否定し続けている。

2020年3月9日、ハーグ区裁判所が4名の容疑者(3名のロシア国民と1名のウクライナ国民)に関する刑事案件の審理を開始した。容疑者の一人である露軍参謀本部情報総局(GRU)特殊任務部隊所属のオレグ・プラートフ中将の弁護は、オランダの弁護士2名が行っている。公判の続く裁判コンプレクス「スキポール」は、ハーグから50キロ離れた場所に位置する。

また、オランダは、本年7月、MH17撃墜事件につき別途、欧州人権裁判所にロシアを提訴した。

フレドリクス夫婦は、過去数年間、いつか事件の真相を聞けることを願って暮らしてきたという。真相、つまり、誰が、なぜ、息子を殺したのか、である。事件までの過去2年間、息子のブライスと恋人のデイジーは、フレドリクス夫婦と一緒に暮らしていた。若いカップルの部屋は、事件当日の姿のまま残されている。飲み干されていない飲み物、食べ切られていないポテトチップスもそのままだ。二人の生活は、あたかもその時に止まったかのようであり、夫婦は今も、二人の帰りを待っているかのようである…。

フレドリクス夫婦は、事件発生から6年経過を前に、ウクルインフォルムのインタビューを受けてくれた。二人は、裁判への期待、事件後の生活について話してくれた。シレナ氏は、亡くなった二人を忘れないために腕に掘った、二人の名前のタトゥーを見せてくれた。


機内から送られた写真と左腕のタトゥー

シレナさん、あなたは首に、BとDの文字のネックレスをしていますね…。

シレナ:ええ、ブライスとデイジーです。

あなたの息子、ブライスさんと恋人のデイジーさんは、この建物にあなた方と一緒に暮らしていたのですか。

シレナ:彼らは3年間付き合っていました。デイジーは過去2年間、私たちと暮らしました。二人は、長期休暇の後に別の家を見つけたいと考えていました。

彼らが亡くなったことはどのように知ったのですか。

シレナ:私の夫のところに電話があり、事件について連絡がありました。私はバーベキューに行っていました。私へ電話があった時、携帯電話がサイレントモードだったのです。それで、私はその悲劇について最後に知ることになりました。

最初はどのように受け止めましたか。 事件を実感できましたか。 二人が飛行機に乗り遅れたのではないか、などという希望はありましたか。

シレナ:私は、同僚に、事件の真偽について確認するよう頼みました。彼らは、撃墜されたのはマレーシア航空機だ、と言いました…。その時、私は全て終わったのだとわかったのです…。何の希望も湧きませんでした。希望などありませんでした。夫がどう感じていたのかは知りません。どうだった、ロブ?

ロブ:いいえ、希望はありませんでした。私も同じように感じていました。起きたことを認識しました。

シレナ:ロブは、二人を空港まで見送ったのです。

ロブ:デイジーは、私にこう言いました、「飛行機に乗るのが怖いの」と。私は、「何と。私は何度も飛行機に乗っているよ。怖がる必要なんてない」と答えました。

シレナ:デイジーは、飛行機の離陸前、機内から写真を友人に送っていました。だから、私たちは、二人が飛行機に乗っていたことを知っていましたし、私は、そんな事件では誰も生き延びられないだろうとわかっていました。 親族は、最後の希望で、二人に電話しようとしていましたが、それは無駄なことでした。

ロブ:私は、テレビで事件の様子を見ました。それを見て、あのようなことの後に生き延びるのは不可能だと悟ったのです。

あなた方は、事件後、ブライスさんとデイジーさんの遺品を受け取ることができましたか。

シレナ:ええ。私たちのところには、衣服数着、デイジーのカバン、財布、それから私が彼女にあげたブレスレットがあります。壊れていて、焼け焦げていますが。

事件後のあなた方の生活はどうなりましたか。

シレナ:完全に変わりました。

ロブ:別の人生です。私たちには、未来はありません。MH17が破壊された時に、未来もともに打ち砕かれてしまったのです。

シレナ:それは、心臓の一部が止まったようなものです。もちろん、私たちには他の子たちもいます。私たちは一緒に楽しい時間を過ごしています。でも、常に、空虚さを、誰かが欠けている、誰かを喪失していると感じています。

ロブ:あなたの心の一部を誰かが持ち去っていったかのような感覚です。これはどうやっても変えることはできません。永遠に。

シレナさん、あなたの左腕にはタトゥーがありますね。いつ彫ったのか教えてくれませんか。

シレナ:ここには「ブライスとデイジー」と書かれています。このタトゥーは、私にとってとても多くのことを意味します。時々、とても悲しくなった時、私は、彼らの名前の掘られた腕を胸に押し当てるのです。彼らをそばに感じられるように。

いつ彫ったのですか。

シレナ:事件から3年後です。

二人の遺体の破片に触れること

あれから6年が経ちました。子供たちの部屋はどうなっていますか。

シレナ:見てもいいですよ。あの時のままです、ほとんど全部。服、彼らが寝ていたベッド、事件現場から戻ってきたデイジーのカバン。子供たちは焼けてしまったのに、カバンはまるで新品のようです…。

返還された遺体は見ましたか。

シレナ:それはハートの形をした小さな棺でした。小さな子供を埋葬する時に、通常そのような棺を使います。ブライスとデイジーの遺体は全てそれに入っていました。彼らの遺体は、ほとんど残っていなかったのです。私たちは、彼らの遺体の破片を目にしました。それは、私たちにとって非常に重要なことでした。私は、子供たちの遺体に触れたかった。それが私にできた最後のことです。非常に辛かったけれど、私は触れました。

この部屋は、まるで時間が止まっているかのようです…。

シレナ:この部屋は、彼らが出発した時のままです。その日が凝固し、時間が止まったのです…。ゴミも捨てていません。捨てることができないのです。ここにある全ての物が、ブライスとデイジーのことを思い出させます。ここは、今でも彼らの部屋だし、時々、彼らが戻ってくるのじゃないかと思えてなりません。そして、私はこう言うのです、「戻りたくなったら、戻っておいでよ」と。ここにある全てが、あの日、彼らが旅立った日のまま残っています。ここは今でも「あなたたち」の部屋です。

真実を知る

2020年3月9日、裁判コンプレクス「スキポール」にて、MH17事件の公判が始まりました。4名の容疑者の内、1人もオランダの裁判に出廷していません。オランダの弁護士は、裁判に関わるつもりだと述べていたオレグ・プラートフ露軍参謀本部情報総局(GRU)中将を弁護しています。あなた方は、検察が提示した文書、写真、動画、そしてプラートフ氏の弁護主張をどう考えていますか。

シレナ:私たちは、国際共同捜査チーム(JIT)を完全に信頼しています。彼らが提示するものは全て真実です。私はその点には確信がありますし、一切の疑念を抱いていません。事件に関する別の主張(編集注:ロシア側主張)も見てみました…。私たちは、たとえロシアが自らの事件への関与を否定し、ウクライナに罪があると主張したところで、そのようなことはあり得ないと確信しています。私たちは、それが嘘だと知っています。プラートフの弁護士は、プラートフが選んだのではなく、ロシアからの人物です。私はそれを確信しています。ロシアは、情報をコントロールしたがっており、プロセスに影響を行使する機会を得たがっているのです。

あなたは、この悲劇に罪があるのは誰だと思っていますか。

シレナ:多くの人ですが、最大の人物は、プーチンです。

ロブ:プーチンです。彼は全てを知っていました。武器を持った人々は、彼の命令を履行しているのです。

シレナ:彼があの状況を作り出したのです。

ロブ:ロシアには「私たちがそれを行った」と告白することはできないと思います。なぜなら、彼らが「申し訳ない」と言えば、世界は、彼らがウクライナにいたことを知ることになります。クリミアの状況についてもそうです。それは(ロシアにとって)問題なのでしょう…。

あなた方は、この悲劇におけるウクライナの役割についてどう思っていますか。

ロブ:ウクライナは、上空を閉鎖しませんでした。しかし、ウクライナには、他の人々がMH17を撃墜したことについての罪はありません。それは二つの異なる別の事です。

シレナ:ウクライナは、上空を閉鎖すべきだった。しかし、他方で、ロシアは、上空が閉鎖されていないこと、旅客機が飛んでいることを知っていた。だから、兵器を使う場合は、非常に注意深くあるべきでした。

ロブ:彼らは旅客機がそこを飛んでいることを知っていたはずです。ところで、現在ウクライナの状況はどうなっていますか? 今も戦争が続いていますか?

続いています。

シレナ:何たること…。

もう一つの訴訟については、どう思っていますか。オランダは、欧州人権裁判所にてロシアを提訴しました。

シレナ:私たちの国がロシアを相手に提訴したことは、非常に良いことだと思っています。私たち遺族にとって、それはサポートです。その行動は、私たちをより強くします。私たちにとって重要なのは、なぜそれが起きえたのか、誰がそれを行ったのか、どのように彼らは発射を決定したのか、という真実を知ることです。私たちは、事件に関与した人々が罰せられるよう、真実が知りたいのです。それが、唯一、私たちの望んでいることです。

スキポール裁判コンプレクスにおける公判第2部では、多くの情報、悲劇の詳細が読み上げられ、遺族の方々は聞くのが大変だったと思います。公開された情報の中で、最もあなた方の印象に残ったものは何でしたか。

シレナ:私たちが、「ブーク」がどのように作動するのかを見て、それが起きたのかを認識した時です…(編集注:撃墜再現動画)。私たちの子どもは何も感じなかったのだと思います。それは一瞬でした。あのような強烈な爆発だと、全てが一瞬にしか起こり得ません…。私は、彼らが苦しんではいなかったのだと期待しています。それは、あたかも私が起きたこと全てを自分の目で見たようでした。

現在、4名の容疑者の公判が続いています。

ロブ:ええ。しかし、関与した人物はもっとたくさんいて、ロシア連邦の首脳陣の中にもいます。

ウクライナの首脳陣には、あなた方は何を述べたいですか。

シレナ:私たちが真実を知れるよう、協力してください。どのようにそれが起きたのか、私たちが知れるよう、可能なことを全て行ってください。

プーチン氏が目の前に現れたら、どうしますか。

シレナ:私がプーチンに頼めることは一つ、正直であることです。もう誰もが罪人が誰であるかを知っています。だから、責任を認めてください! 人間らしくしてください。

ウクライナへは行きたいですか。

シレナ:はい。可能になれば、できるだけ早く…。私たちが駐オランダ・ウクライナ大使と会った時、大使は事件現場へ行けるよう支援すると約束しました。私たちにとって、子供たちの亡くなった場所を訪れるのは、とても大切なことです。

イリーナ・ドラボク、ハーグ

写真:ソフィヤ・ショヴィコヴァ

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-