大統領府前にて活動家が集会 東部の戦闘参加者をミンスク協議に加えるよう要求

大統領府前にて活動家が集会 東部の戦闘参加者をミンスク協議に加えるよう要求

写真
ウクルインフォルム
12日、キーウ(キエフ)市内の大統領府前にて活動家たちが、ドンバス情勢平和的解決を目的とするミンスク協議に東部の反テロ作戦に参加した退役兵を加えるよう要求する集会を開催した。

約20人の参加者が大統領府前に集まった。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

集会参加者たちは、ミンスク協議に対してコントロール機能を持つ機関として、「退役兵評議会」の設置を主張し、この評議会に、ミンスクにて設置が検討されている「諮問評議会」に参加する国内避難民の代表者を選出する際の投票権を持たせることを要求した。

参加者たちは、「ミンスク協議のために退役兵と専門家からなる諮問機関の設置を要求する」と書かれたボードを掲げていた。

その他、要求の中には、「『引き離し』という名の退却をやめよ」「アンドリー・イェルマーク(編集注:大統領府長官)を2020年3月11日の署名を根拠に解任し、刑法典第111条『国家反逆罪』に従い刑事責任を追わせよ」「アルセン・アヴァコウ(編集注:内務相)を解任せよ」「イリーナ・ヴェネジクトヴァ(編集注:検事総長)をカテリーナ・ハンジューク捜査の破綻を根拠に解任せよ」「志願兵への弾圧をやめよ」などが含まれている。

これに先立ち、3月11日、ミンスクで開催されたTCG会合に、イェルマーク大統領府長官とドミトリー・コザーク・ロシア連邦大統領府副長官が出席し、その際、OSCE、ドイツ、フランスの代表者との協議の後、TCG政治問題作業部会の中に諮問評議会を設置することで合意していた。

本件につき、イェルマーク氏は、TCG会合では、ドネツィク・ルハンシク両州一部地域代表者を認めるような法的空間が作られるような行動は行われていないと指摘。一方で、3月13日、最高会議(国会)与党会派「人民奉仕者党」の議員50名強が、ドネツィク・ルハンシク両州一部地域代表者を、TCGにおけるウクライナ・ロシア間協議に参加させることは認められないとの声明を発出していた。

イェルマーク氏は、これを受け、ミンスクでのTCG協議の構成がウクライナとロシアとOSCEの3者であることは変わっていないと説明していた。

写真:ヘンナジー・ミンチェンコ/ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-