チョルノービリ立入制限区域に34年ぶりに新年ツリー登場

チョルノービリ立入制限区域に34年ぶりに新年ツリー登場

写真・動画
ウクルインフォルム
チョルノービリ(チェルノブイリ)原発事故により全住民が避難し、現在まで立入制限区域に指定されているプリピャチ市に、34年ぶりに新年ツリーが設置された。

25日、チョルノービリ観光協会がフェイスブック・アカウントにて伝えた

この投稿によれば、ツリーには、通常の飾りは用いられず、古い時計や原発事故以前のプリピャチ市の写真、元住民の写真などがかけられているという。プリピャチ市元住民たち自身が、この飾り付けを行ったと伝えられた。

投稿には、「新年ツリーは、家庭内の快適さのシンボルです。そのため、住民の避難したこの町には、これまでツリーがありませんでした。しかし、プリピャチには生活が戻ってきています。その生活は、普通のものではなく、観光的なものです。この廃墟となった町に、毎日世界中からたくさんの観光客が押し寄せています。彼らは、ここで世界を震撼させた私たちの歴史を学びに来ています」と書かれている。

同協会は、立入制限区域と関連施設には、国内遺産とユネスコ世界遺産のリストに加えられなければならないと強調している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-