ホロドモール犠牲者追悼行事、大統領等参加

ホロドモール犠牲者追悼行事、大統領等参加

写真・動画
ウクルインフォルム
23日、国立ホロドモール犠牲者追悼博物館の敷地内で開催されたホロドモール犠牲者追悼行事に、ゼレンシキー大統領夫妻はじめ、政治家、宗教関係者、外交団、一般市民らが参加した。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ゼレンシキー大統領は、演説にて、「ウクライナ人が経験した痛みを表す言葉を、人類はまだ思いついていない。大量の事実、証拠があるにも関わらず、いまだにシンプルな質問への答えがない。『なぜそれは行われたのか?』一体どうしたら、一民族全体を絶滅させようという考えが現れるのだ?一体、どうしたら人々から最後のパン切れを、最後の望みを奪うことができるのだ?せめて子供だけでも明日の朝まで生き延びられれば、という最後の望みを」と述べた。

写真:大統領府広報室

大統領は、「私たちは、ウクライナ人だ。私たちには今も、力がある。しかし、私たちには、決して忘れられないことと決して許せないことがあるのだ」と強調した。

大統領は、午後4時、全国同時の1分間の黙祷の開始を宣言した。

同行事は、ウクライナ正教会のエピファニー首座主教がホロドモールの犠牲者となったウクライナ人への祈りを司った。

写真:ダニール・シャムキン/ウクルインフォルム

大統領夫妻の他には、ラズムコウ最高会議議長、ホンチャルーク首相、政権関係者、自治体関係者、市民団体代表者、宗教関係者、外交団代表者、ユシチェンコ元大統領夫妻などの姿が見られた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-