「カーチャのいない1年」活動家殺害から1年、大統領府前で事件喚起集会

「カーチャのいない1年」活動家殺害から1年、大統領府前で事件喚起集会

写真
ウクルインフォルム
4日夜、キーウ(キエフ)市内の大統領府前にて、1年前に亡くなった活動家カテリーナ・ハンジューク氏の殺害事件を喚起する集会「カーチャのいない1年」が開催された。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

集会開始時点で集まったのは約500名。徐々に参加者は増えていた。周辺では、治安機関が警護に当たっていた。

殺害されたハンジューク氏の父、ヴィクトル・ハンジューク氏は、「私は、ここにカーチャ(編集注:カテリーナ・ハンジューク氏の愛称)の追悼に集まった人たちに感謝する」と演説の際に述べた。

集会会場では、ハンジューク氏の事件を説明する動画が流された。

大統領府前には、「沈黙は人を殺す」と書かれた看板が立てられ、集会参加者は事件捜査の結果を政権に求めた。

参加者はその後、大統領府から内務省方面へと移動した後、集会を終了した。

また、同日、ウクライナ国内のその他の町でも類似の集会が開催された。

ヘルソン市長の補佐官であり、市民活動家であったカテリーナ・ハンジュークさんは、2018年7月31日に複数の人物に硫酸をかけられ、全身火傷、一部視力を失うなどの重傷を負った。その後、ハンジュークさんには、10回以上の手術が行われたが、11月4日病院で亡くなった。

ハンジュークさんへの攻撃を行った容疑者5名が拘束された後、さらに、昨年11月12日にはミコラ・パラマルチューク当時最高会議議員(BPP党会派)の元補佐官であるイーホル・パウロウシキー氏も本件につき逮捕されたことが判明した。

また本年2月11日、ルツェンコ当時検事総長が、ヘルソン州議会議長であるウラディスラウ・マンヘル氏に対して、昨年7月31日に硫酸をかけられ死亡した活動家カテリーナ・ハンジューク氏の殺害を組織した容疑が伝達されたことを発表。

その後、2月15日、キーウ(キエフ)市シェウチェンキウシキー地区裁判所は、未決囚に対する予防措置として、マンヘル容疑者を3月3日まで逮捕する判決を下したが、その後、249万7000フリヴニャの保釈金が支払われことにより、同容疑者は保釈されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-