ロシアのプロパガンダと「焦土作戦」=EUvs偽情報

ロシアのプロパガンダと「焦土作戦」=EUvs偽情報

ウクルインフォルム
EUvs偽情報「ロシア政権は、西側諸国の信頼を失墜させることを目的に、最大火力で偽情報を放っている」。

1812年、ナポレオン軍は焼き払われ、ほとんど人のいなくなったモスクワを立ち去った。ロシアによるこの行動により、世界の軍事用語辞典には新たな用語「焦土作戦」が加わった。現在のクレムリンのプロパガンダ発信者は、西側諸国の信頼失墜と自国視聴者の洗脳のためにこの「焦土作戦」を利用している。

欧州連合(EU)が創設した作戦グループ「East Stratcom Task Force」の運営する、偽情報の分析サイト「EUvs偽情報」が特集記事「偽情報を使った焦土作戦」を公開した

記事には、「軍事用語・手法は情報世界でも使われており、焦土作戦も同様である。現在、親露メディアはこの作戦を、自らの敵の姿を堕落し、悪心で、破壊の思想にとらわれた者たち、のように無根拠に描くために用いている。彼らは、攻撃対象と定めた相手を、可能な限り不快で魅力のない者に見せることを期待しながら、偽情報という名の『砲火』を行っているのだ」と説明されている。

そこで筆者たちは、先週のロシアのマスメディアが報じた偽情報を紹介している。

記事では、「例えば、ウクライナに関しては、『同国は新たなチェルノブイリの惨劇のための新原子力発電所のための土台を準備しているようだ』と書いている。実際にはウクライナは1986年の悲劇によって生じた放射性廃棄物の処理コンビナートを作っているのだが、もしあなたがそれを知らなければ、この報道に恐れを抱くことだろう。そして、あなたがそれをあまり恐れないのであれば、もう一つのケースがある。スウェーデンの教授が人々に対して、食料危機解決のために人肉食(カニバリズム)に回帰することを検討するよう提案しているというのだ。そして、親クレムリン報道機関は、これは西側諸国におけるあらゆるリベラルな価値観にともなうモラル低下と価値の堕落の兆候だというのだ」という事例が紹介されている。なお、実際のこの教授のプレゼンテーションは、気候変動の危険を警告するものであり、現在の人類文明のふるまいは『人肉食』と同様に受け入られないものだ、と主張していたのだと指摘されている。

また専門家たちは、「バイアスのかかった報道を見ていると、欧州の『法の支配』がもはや存在しなくなったと思うかもしれない。親露メディアは、ロシア政府にとって不都合である欧州人権裁判所の単独支配をもとにこの主張を作り上げて、ソヴィエトの遺産を保護することへと焦点を当てているのだ。偶然であろうか?私たちはそうは思わない。一つのケースをもって、全体像を描き出す、というのは、親露メディアの一般的な戦術である」と指摘している。

その上で、記事では、西側諸国の信頼失墜に関するナラティブは、更なる偽情報に繋がっているという。ロシアのプロパガンダ発信者は、世界的な金融構造や西側メディアの裏には、「古くからある、様々な局面をもつ、シオニズム的で、反キリスト教で、堕天使的で、ロスチャイルドの関わる陰謀」があるかのような考えを提供しているという。これは、ロシアの偽情報において一般的な戦術であり、西側が様々な分野で破綻しているということを見せることだけでなく、陰謀論をもってそのような現象を説明する試みなのだという。筆者たちは、「あなたがシオニストたちを恐れないのであれば、堕天使ルシファーであれば恐ろしいのではないだろうか?」と問いかけている。

そして、このような作戦は、同時にロシア国民たちに対して、自らの周りの世界的脅威を説明することにも用いられているのだという。

また、「報道にて、ゼレンシキー大統領がウクライナの防衛費を2倍にしたと伝え、ロシアのメディアはそれを、同国による侵略戦争に向けた準備の明確なシグナルだとみなすのだ。その話には、証拠は一切付随しない」と指摘されている。

加えて記事には、露のメディアが米国に関して「露プロパガンダ拡散者の考えでは、アメリカ人は、ロシア野党勢力のデモをサポートし、それによりロシアを破壊しようとしており、同時に、ポーランドを植民地化し、宇宙を軍事化しようとすることで、大変忙しいようだ」などと報じていたことが伝えられた。

ドミトロー・シュクルコ、ブリュッセル


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-