【写真】ウクライナの調査団、南極にて氷の洞窟への入口を再発見

【写真】ウクライナの調査団、南極にて氷の洞窟への入口を再発見

ウクルインフォルム
ウクライナの調査団が南極にて氷の洞窟への入口を再発見した。この洞窟は、以前から存在が知られていたものだが、今回の調査により、実際にはこれまで考えられていたより3倍の広さがあり、内部に湖や川があることが判明した。

10日、教育・科学省広報室が伝えた

第24南極調査団団長のイーホル・ディーキー氏は、「初期の調査の際に、専門家たちが、ウクライナの観測基地のあるガリンデス島にて、この氷の洞窟を見つけていたのです。この洞窟への入り口は、基地とは反対の位置にあり、氷河のてっぺんにありました。しかし、数年前にこの氷河が大洋側に移動し、入り口が崩れたことがわかりました。そのため、私たちは、洞窟の入り口の捜索をすることにしました。ペノラ海峡側から探してもうまくいきませんでしたが、旧英国基地、現在ミュージアムとなっている『ウォルディーの建物』から探したら、運よく、この洞窟の入り口を見つけられたのです」と報告した。

同調査団の報告によれば、この氷の洞窟は、以前考えられていたよりも約3倍広く、長さは約200メートルで、3階建ての建物ほどの高さがあるとのこと。

調査団たちは、洞窟下部にて凍った湖を発見。その先には、高さ12メートル、幅8メートル、長さ30メートルの広大な空間も見つけたという。

報告では、「この『広間』には、凍った川と2つの湖が見つかりました。研究者たちは、ここでウィルスやバクテリアの存在やそのDNAの分析用に水と氷を持ち帰りました。氷のサンプルは、より詳細な分析のためにウクライナの研究所で保存されます」と説明された。

更に、表面から約20メートルの地点で、鳥の羽を見つけたという。この羽は、その幅広さから、ペンギンのものではないのは確実だとし、今後ウクライナに持ち帰ってから、専門家がどの鳥のものか、何年前のものかを調べるとのこと。

なお、第24調査団は、1年間の南極調査のために、今年の3月、ウクライナのベルナツィキー南極基地へ向かい出発していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-