LGBT活動家、ロシア大使館前で抗議 同国での活動家殺害を受け

LGBT活動家、ロシア大使館前で抗議 同国での活動家殺害を受け

ウクルインフォルム
24日、NGO「インサイトLGBTQ」の活動家たちがキーウ(キエフ)のロシア連邦大使館前で、「嫌悪を止めよ!」と題する抗議活動を行った。活動家たちは、ロシア北部サンクトペテルブルクでLGBT人権擁護活動家のエレーナ・グリゴリエヴァさんが殺害された事件の公正な捜査を要求した。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

約20名の活動家たちは、「次は誰か?」、「嫌悪を止めよ」、「エレーナ・グリゴリエヴァさんはあなた達の制度に殺されたのだ」、「犯罪を捜査せよ」、「誰も黙るべきではない」と書かれた紙を掲げ、「ストップ・ヘイト、ストップ・クライム(嫌悪を止めよ、犯罪を止めよ)」と叫んだ。

参加者たちは、殺害されたグリゴリエヴァさんと、LGBT人権擁護活動家の情報を勝手に掲載する「ピーラ(Пила)」というウェブサイトの犠牲者に黙祷を捧げた。活動家たちは、「ピーラ」には人権活動家への迫害目的に情報が集められていると説明した。

同サイトに自身の情報が掲載されていると述べた男性は、それによりロシアで脅迫や追跡が行われたため、ロシアからウクライナへ逃げざるを得なくなったと発言した。

抗議活動は20分近くにわたり行われた。

殺害されたエレーナ・グリゴリエヴァさんは、女性やLGBTの人権擁護のために活動していた他、ロシア国内で親ウクライナ集会やクリミア・タタール人・ウクライナ人政治囚支援集会にも参加していた人物。

「インサイトLGBTQ」は、ウクライナの市民団体で、LGBTコミュニティ支援や人権擁護・啓蒙活動を行っている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-