まもなく復活祭 軍人のために復活祭パン「パスカ」が焼かれる

まもなく復活祭 軍人のために復活祭パン「パスカ」が焼かれる

ウクルインフォルム
近年、ウクライナでは、毎年復活祭が近づくと、軍人のために復活祭のパン「パスカ」が焼かれ、ピーサンキ(イースターエッグ)が作られている。

このパスカとピーサンキ(イースターエッグ)は、復活祭の時期にも働く軍人に渡されるものである。この時期作られるピーサンキは、キーウ(キエフ)市内の尊厳革命(マイダン革命)犠牲者をしのぶ英雄「天国の戦士」通りにも飾られ、107のパスカは英雄たちの記念碑に供えられる。これはウクライナの人々が自らの亡くなった親族を弔う手段である。

今年、パスカを調理し、ピーサンキを作成したのは、イェウヘン・ニシチューク文化相、ヴォロディーミル・ヴヤトーヴィチ国家記憶研究所所長、ヴォロディーミル・ホンシキー活動家、アンジェリカ・ルドニツィカ歌手、イーホル・ポシヴァイロ尊厳革命博物館所長、英雄「天国の戦士」の親族たちである。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-