OSCE、ウクライナがイタリア記者の入国を認めなかったことに懸念表明

OSCE、ウクライナがイタリア記者の入国を認めなかったことに懸念表明

ウクルインフォルム
欧州安全保障協力機構(OSCE)のアーレム・デジル報道の自由問題代表は、イタリアのテレビ局RAIのモスクワ特派員マルコ・インナロ氏がウクライナへの入国を拒否されたことにつき懸念を表明した。

25日、OSCEウェブサイトにて発言が掲載された。

デジル代表は、「RAIのマルコ・インナロ記者がウクライナ入国を拒否されたことを懸念している」と発言した。

同代表はまた、記者が記者活動を目的として、OSCE加盟国から別の国へ入国しようとする際、OSCEの全ての加盟国はその入国を支援することが義務づけられていることを喚起した。

これに先立ち、25日、ウクライナの国境警備隊員がイタリア国営テレビRAIのモスクワ特派員であるマルコ・インナロ記者のウクライナ入国を拒否したことが判明していた。記者本人は、自身がロシア人カメラマンとともにウクライナへ渡航した際、「滞在目的に十分な根拠がない」として入国を拒否されたと発言していた。また同記者は、ウクライナにおける大統領選挙を報じるつもりで渡航したと述べていたが、ウクライナ中央選挙管理委員会による認証は受け取っていなかった。

これに関して、イタリアのジャーナリスト組合は、インナロRAIモスクワ特派員のウクライナ入国拒否は受け入れられない決定だと表明していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-