ウクライナ各都市で毛皮衣服反対集会が開催

ウクライナ各都市で毛皮衣服反対集会が開催

ウクルインフォルム
24日、首都キーウ(キエフ)をはじめ、ウクライナの各都市で毛皮反対集会「毛皮衣服を永遠に止めよう」が開催された。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

キーウ市では、集会を運営した団体「UAAnimals」は、本物の毛皮を使った衣服を着るのを止めるよう人々に呼びかけ、同時に、最高会議(国会)に対して、ウクライナにおける毛皮衣服の生産を禁止する法案第10019を採択するよう要請した。

集会参加者は、ソフィア大聖堂前に集まり、「自然の毛皮は、55の動物を殺害している」、「あなたの毛皮は、死の直前に叫び声を上げていた」、「私は帽子じゃない、私は生きている」、「毛皮は動物の物である」などと書かれたプラカードを掲げた。

傘下団体の一つ「一つの地球」の代表、パウロ・ヴィシェババさんは、最高会議には毛皮利用禁止法案が登録されていると喚起しつつ、今回の集会はウクライナ全土に対して、毛皮製品の生産・使用を止めるよう呼びかけるものであると訴えた。

この他、同日、同様に毛皮製品の生産・使用に反対する集会は、リヴィウ、ドニプロ、ザポリッジャ、テルノーピリといった都市でも開催された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-