キーウ市内で、市民がマイダン革命時の犠牲者を追悼

キーウ市内で、市民がマイダン革命時の犠牲者を追悼

ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)市の英雄「天国の戦士」通りを、5年前の尊厳革命(マイダン革命)で亡くなった人々に冥福を祈る人々が訪れた。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

市民は、激しい衝突があり、多くの死者の出た「天国の戦士」通りに花を持ち寄り、祈りを捧げた。

政権関係者からは、マリーナ大統領夫人、マイダン時にステージ上で活躍した元俳優のニシチューク文化相、クービウ第一副首相が訪れた他、ウクライナ正教会のエピファニー首座主教の姿も見られた。

2月20日には、大統領令により、尊厳革命犠牲者を弔う英雄「天国の戦士たち」の日と定められている。

2013~2014年、革命のあった冬の間で、マイダン参加者が計100名以上亡くなった。当時の体制の犠牲者となったのは、ウクライナ人の他、ベラルーシ人、アルメニア人、ジョージア人も含まれた。これら犠牲者は皆、天国の戦士として称えられている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-