ドネツィク州の炭鉱労働者、ハンガーストライキ開始から9日目

ドネツィク州の炭鉱労働者、ハンガーストライキ開始から9日目

ウクルインフォルム
国営企業「セリドヴェ炭鉱」の従業員4名が、未払い給料の支払いを求めて開始したハンガーストライキが9日目に入った。彼らの診察をした医師は、体温の上昇、倦怠(けんたい)感、ふるえが確認されているという。

10日、ウクライナ独立鉱業労働組合のミハイロ・ヴォリネツィ組合長が自身のフェイスブック・アカウントにて伝えた。

ヴォリネツィ組合長は、「セリドヴェ炭鉱では、すでに9日間、従業員がハンガーストライキを続けている。4名とも、医師により、体温が37度以上に上昇し、倦怠感とふるえを感じていることが確認された」と書き込んだ。

これら従業員は、約半年にわたって給料の未払いが続いていることを理由に、1月2日にハンガーストライキを開始していた。1月4日、同炭鉱従業員には、6月分と9月分の未払い分給料が支払われていたが、彼らは未払い分が完全に支払われるまで抗議を続けると述べていた。

ヴォリネツィ組合長は、従業員には、2018年9月~12月の支払いが行われていない他、過去数年にも未払いがあると述べている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-