悪天候のクリミアで停電 数千人が被害に

悪天候のクリミアで停電 数千人が被害に

ウクルインフォルム
1月7日、ロシアの占領するクリミアの一部では、悪天候のため停電が発生した。

同日、ラジオ・リバティーのプロジェクト「真実のクリミア」は、「クリムエネルゴ」社の情報をもとに、17の自治体、6000名以上に停電の影響が出ていると報じた。

最も被害が出ているのは、レーニン地区とケルチ市。その他、チェルヴォノフヴァルジーシキー地区、キロウシキー地区、シンフェローポリ地区でも停電が確認されている。

クリムエネルゴ社は、大雪のために車両での移動が難しく、修理機器を現場に持ち運ぶことが困難となっていることを伝えた。

なお、クリミアでは、1月4日にも同様に悪天候による停電が起き、27の自治体、約1万人が被害を受けていた。

写真:RFI


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-