ウクライナ正教会への独立付与手続きは、1月5日に始まる:エピファニー首座主教

ウクライナ正教会への独立付与手続きは、1月5日に始まる:エピファニー首座主教

ウクルインフォルム
ウクライナ正教会へ独立を付与するトモス(正教会の公布文書)授受手続きは、1月5日に始まる。

29日、エピファニー・ウクライナ正教会首座主教がテレビ局「プリャミー(直)」へのインタビューで述べた。

「トモス授受は1月5日に開始されます。まず、私達、独立正教会の首座主教とヴァルソロメオス1世コンスタンティノープル全地総主教が、フェネル(イスタンブル)の聖凱旋者ゲオルギオス大聖堂にて、初めて一緒に、神に対して、感謝の祈りを捧げます。それから、1月5日中にフェネルにて、全地総主教がトモスに正式に署名します。1月6日には、二人の総主教、全ての総主教の中の最高位であるヴァルソロメオス1世コンスタンティノープル全地総主教とその時には既に自由で独立したウクライナ正教会の総主教により、これも初めてとなる、聖体礼儀が行われます」と述べた。

エピファニー首座主教は、6日の聖体礼儀の後に、ウクライナ正教会の独立に関するトモスが手交されることになると補足した。

なお、これまでの報道では、12月15日、キーウ(キエフ)のソフィア大聖堂にて、統一会議が開催され、統一されたウクライナ正教会が創設。その際、エピファニー首座主教が選出された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-