「運転手電子キャビネット」の運用開始 罰金支払いもオンラインで可

「運転手電子キャビネット」の運用開始 罰金支払いもオンラインで可

ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)では、21日より、オンラインで様々なサービスが利用できる「運転手電子キャビネット」の運用が開始された。

同日、内務省のウラディスラウ・クリクリー・サービスセンター長がプレゼンテーションを行った。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

センター長は、運転手電子キャビネットの開始は、非常に重要な出来事だとし、これを利用して交通違反などで発生する罰金を、銀行などに行かなくても、オンラインで簡単に支払うことができるようになると説明した。

その他、「VINコードなどの自家用車情報が簡単に確認できますし、誤りなく、精確な情報を電子キャビネット上で自分で確認できるようになります。また、国家登録上にある運転手情報も確認できます。これは各種行政サービスを受ける際に非常に重要です」と説明した。

電子キャビネットには、このリンクからアクセスできる。アクセスに必要なのは、電子署名、BankIDあるいはMobileIDとなる。

このプロジェクトは、内務省とアメリカのUSAID、イギリスの「国家運営・サービスにおける透明性と報告(TAPAS)」が連携して実現したものとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-