ホロドモール85年経過に際した動画が公開

ホロドモール85年経過に際した動画が公開

ウクルインフォルム
ホロドモール(ソ連政権によるウクライナでの人工的大規模飢餓)から85年経過に向け、制作会社「Young&Hungry Production」が情報政策省の支援と、ウクライナ国家記憶研究所と解放運動研究センターの参加を得て、11月24日16時にホロドモールの犠牲者に冥福を祈ることを呼びかける公共広告動画を作成した。

15日、ウクライナ国家記憶研究所が発表した。

発表には、「ロシアに拘束される人、学校の授業、病院、サッカー用グラウンド、自動車の運転中と、あなたがどこにいても、11月24日16時には、1932~33年のホロドモールで殺害された人々の冥福を祈りましょう」と書かれている。

また、今回発表の動画は、ホロドモールから85年経過に際して制作されたシリーズの第一作であり、今後発表される動画と合わせて全体で「我々は記憶しており、我々は強い」という象徴的スローガンを作り出すのだという。

発案者であり、動画イメージを制作したオメリャン・オシチュドリャクさんは、制作についてこう語る。「記憶するという伝統をサポートすることは大切です。ですから、この動画の課題は、ホロドモールの犠牲者追悼に参加しようと思うかもしれない人たちに、行動のモデルとなる姿勢を見せることにしました。私たちは、人々が『お!そういえば、私たちでもこれならできるかもしれないね!』と考えてくれることを期待しています。」

アルテム・ビデンコ情報政策省事務次官は、「動画の中には、色々な人が出てきます。そして、そのそれぞれが犯罪犠牲者の冥福を祈ります。ロシアの牢屋にいる政治囚は、牢屋の壁にろうそくの図を彫ります。交通警察は、パトカーを止めて死者の冥福を祈ります。サッカー場では、試合の前に、黙祷をささげ、学校の児童達はろうそくに火をともすのです。この団結のイメージは、冥福を祈ることの大切さを伝えるのです。特に、今日、私たちが戦争と言う現実にある中、それは大切なことなのです」と強調した。

ヴォロディーミル・ヴヤトロヴィチ国家記憶研究所所長は、11月24日16時には、ウクライナ全土共通の1分間の黙祷が行われ、その後、人々は全土で追悼のろうそくに火をともし、そのろうそくを自宅の窓際か、ホロドモール犠牲者追悼碑の前ないし、人々がその時点でいる場所で捧げることを喚起した。

ウクライナでは、11月24日はホロドモールの犠牲者に追悼を捧げる日と定められている。この日は、テレビやラジオなどは、娯楽番組の放送を控え、ホロドモールの犠牲者の追悼を伝えることになっている。

国家記憶研究所は、メディアに対して、テレビ画面やウェブサイトに、追悼を象徴するろうそく、あるいは、ホロドモールの印を掲げるよう呼びかけている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-