尊厳と自由はウクライナ人の不変の価値=ゼレンシキー宇大統領、記念演説を実施

尊厳と自由はウクライナ人の不変の価値=ゼレンシキー宇大統領、記念演説を実施

動画
ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は、11月21日の「尊厳と自由の日」に合わせた演説で、尊厳と自由というウクライナ国民が持つ2つの最大の価値は不変だと発言した。

ゼレンシキー大統領がソーシャルメディア上に演説動画を公開した

ゼレンシキー氏は、現在、ウクライナ、世界、欧州にて多くのことが変わっているが、ウクライナ人の価値は変わっていないと発言した。同氏は、「あるものは変わらないままだ。それが、ウクライナ人とは何者か、私たちにとって何が大切か、という問いへの答えである。ドニプロ川の右岸と左岸のように、青と黄の色のように、チュビンシキーの歌詞とヴェルビツィキーの音楽のように、私たちの遺伝子情報の編み込まれているヴィシヴァンカの模様の2本の糸のように、その2つの価値は不可分に結びついている。それは、尊厳と自由だ」と発言した。

同氏はまた、ウクライナ人は常にそれを覚えており、「忘れる権利は持たないし、常にそれを大切にし、それを守ることを恐れない」と強調した。

さらに同氏は、「私たちは常に、自分が何を欲しているか知っている。今年は、私たちが何ができるかを皆が知った。それを、友と敵が目にすることになった。同盟者と同志者が目にした。私たち自身も確信した。ある者は、改めて。ある者は、初めて。しかし、皆が一緒に、尊厳と自由は私たちにとって神聖なものなのだということを証明し、今も証明し続けている。それは不変であり続けた。そして、皆が、ウクライナ人は何を行うことができるのかを目にしたのだ」と発言した。

同氏は、1年前の同じ日にも国民への呼びかけを行なったが、その時からは多くのことが変わったとも指摘した。同氏は、その変化について「私たちの大地に敵が現れたのだ。私たちの町や村には、検問所や(チェコの)ハリネズミが現れた。私たちの通りは、しばしば暗い。私たちの家は、しばしば寒い。変化は多い。しかし、それらは最も大切なものは変えていない。なぜなら、最も大切なものは、外にあるのではなく、(心の)内にあるのだから」と伝えた。

そして同氏は、心の中にあるものは変わらないままであり、だからこそ私たちは耐えられるのだと強調した。同氏は、「私たちは耐え切る。皆、違う人だが、しかし、ウクライナ人男性、ウクライナ人女性、防衛者である。皆が、尊厳を持たねばならないこと、諦めないことを知っている人たちだ。なぜなら、ウクライナ人は、諦めることに慣れていないからだ。なぜなら、尊厳を有しているからだ。だからこそ、自由を有しているのだ!」と強調した。

同氏はさらに、ウクライナ人は全てを克服し、全てを耐え抜き、生き延び、勝利すると述べ、その上で、「そして『尊厳と自由の日』に独立広場に集まるのだ。尊厳と自由が常に守られてきた場所に。花崗岩や(編集注:1990年の『花崗岩の革命』と呼ばれる抗議集会)』、オレンジ革命や尊厳革命の時のバリケードで、それらは守られた。私たちがウクライナの独立30周年をお祝いした場所だ。私たちがウクライナの勝利の日を祝う場所だ。平和なキーウで、平和なウクライナにて、私は大切なことを言う。重要なことを述べる。変わらなかったもの、変わることののないもののことについて述べる」と強調した。

なお、ウクライナでは、11月21日は、2004年のオレンジ革命と2013年の尊厳革命(マイダン革命)の始まりの日を記念して、「尊厳と自由の日」と制定されている。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-