EU、既存の対露経済制裁を半年延長

EU、既存の対露経済制裁を半年延長

ウクルインフォルム
欧州連合(EU)は、ロシア連邦がウクライナに不安定化行為を行っていることを受けて科している対露制裁を2022年7月31日までの6か月間延長したことを発表した。

13日、欧州理事会ウェブサイトに決定が公開された

発表には、「EU理事会は今日、ロシア連邦の一部経済分野を対象とする制限措置の効力を2022年7月31日まで6か月間延長することを決定した。EU理事会決定は、2015年12月31日までに履行されるべきと定められていた、ミンスク諸合意履行状況への最新の評価に基づいている」と書かれている。

また発表には、今回延長された制裁は2014年7月31日に発動されたもので、ロシアによるウクライナへの不安定化行為を受けたものだと喚起されている。これら制裁は、ロシアの特定の銀行や企業のEUのプライマリー・マーケットとセカンダリー・マーケットへのアクセス制限、ロシアの金融機関への様々な金融支援・仲介の禁止が含まれる。また、防衛関係品のロシアへの直接・間接の輸出入や譲渡を禁止し、軍事目的で利用される可能性のある軍民両用技術(デュアルユース)品の供給も禁止している。加えて、石油探査・採掘をはじめとする、エネルギー分野で利用される可能性のある特定の機微な技術へのロシアのアクセスも制限していると喚起された。

また理事会は、今回の経済制裁以外に、クリミア・セヴァストーポリ違法併合や、ウクライナへの意図的不安定化への対応として発動された、外交的措置、渡航禁止・資産凍結を含む対個人制裁、クリミア・セヴァストーポリとの経済関係制限があると喚起している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-