クラウチューク初代大統領、術後リハビリ中 三者協議には12月まで参加せず=報道官

クラウチューク初代大統領、術後リハビリ中 三者協議には12月まで参加せず=報道官

ウクルインフォルム
独立ウクライナ初代大統領であり、ロシア、欧州安全保障協力機構(OSCE)との三者コンタクト・グループ(TCG)協議にてウクライナ代表を務めるレオニード・クチマ氏は、心臓の手術を受けた後、リハビリを続けており、TCG会合へは当面参加できない。

オレクシー・アレストロヴィチTCGウクライナ代表団報道官がウクライナ24局へと伝えた

記者から、クラウチューク氏の容体につき聞かれると、アレストヴィチ氏は、「私の知っている範囲で言うと、彼はリハビリの困難な期間にあるそうだ。彼は87歳で心臓の手術をしたのだ。それは非常に困難である」と発言した。

アレストヴィチ氏は、TCGウクライナ代表は、臨時でオレクシー・レズニコウ副代表(副首相)が率いると説明し、「私の理解では、11月まで、もしかしたら12月までだ」と発言した。

これに先立ち、6月末、クラウチューク氏が心臓の手術を行ったことが発表されていた。術後、問題は起きていないとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-