プーチンはウクライナをロシアの一部だとみなしている=ヒル米元米NSC高官

プーチンはウクライナをロシアの一部だとみなしている=ヒル米元米NSC高官

ウクルインフォルム
フィオナ・ヒル元米NSC欧州ロシア上級部長は、プーチン露大統領はウクライナをロシアの不可分の一部だと、ウクライナ人とロシア人は一つの民族だとみなしているとの考えを示した。

4日、ヒル氏が米ジョン・ホプキンス大学主催のウェビナールの際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ヒル氏は、「プーチンにとってウクライナは、英国にとってのスコットランド、スペインにとってのカタルーニャのようなものだ。2012年にウクライナとの間で問題が生じた時、(編集注:ロシア大統領選挙後)プーチン氏は将来につき考え、ロシアのナショナリズムを利用することを決めた。彼は、ウクライナ人とロシア人は一つの民族であると話し始めた」と指摘した。

ヒル氏はまた、それが「ロシアがクリミア併合を始めて以降の過去数年に生じたことの引き金の一部である」と発言した。

加えて同氏は、プーチン氏はソ連崩壊後に残った資産を利用してきたと述べ、ソ連の資産とは、言語問題、歴史問題、ロシア人の植民地的精神などだと指摘した。

さらに同氏は、ロシアは、国連やG20などの国際場裏にて、自らの偉大さを示す努力をしているとし、また中国のこともサポートしているとも指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-