クレーバ外相、独による露製コロナワクチン購入意図につき「倍の代償を払うことになる」

クレーバ外相、独による露製コロナワクチン購入意図につき「倍の代償を払うことになる」

ウクルインフォルム
ドミトロー・クレーバ外相は、ロシアは自国製コロナワクチン「スプートニクV」を政治影響力行使の道具として利用していると指摘した。

クレーバ外相がドイツのビルト紙へのインタビュー時に、ドイツのイェンス・シュパーン保健相はじめ同国複数政治家がロシア製ワクチン「スプートニクV」を購入する計画に言及していることにコメントした

クレーバ外相は、「ロシアのスプートニクVについては、それぞれの国が倍の代償を払うことになることをしっかり認識すべきである。金銭と政治的代償だ」と発言した。

外相は、ロシアにとって、スプートニクVの件に人道的な目的はなく、同国は自国民向けのワクチンが足りていないにもかかわらず、それを政治的影響力の強化手段として利用していると指摘した。また、世界はスプートニクV購入問題が政治的問題を生み出しかねないことにつき、すでに事例を目にしていると指摘した。

外相は、ドイツの決定はロシアでは「中立的人道的問題として見られることはなく、ドイツのような強力な国ですらロシア抜きに問題を解決することができない、ということが証明されたかのように、積極的に政治化されるであろう」との見方を示した。

加えて外相は、国家のコントロール化にあるロシアのテレビ局では、世界の国々について、スプートニクV購入を受け入れるか拒否するかによってロシアにとっての「友好国」と「敵国」に分けて報じていると指摘した。

これに先立ち、イェンス・シュパーン独保健相が、ドイツはロシアと同国製コロナワクチン「スプートニクV」の購入協議を行なっていることを認める発言をしていた。

また、クリストファー・ブルガー独外務報道官は、ワクチン購入の際にイデオロギー的考慮はないと発言していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-