ロシア、クリミア・タタール人指導者ジェミレフ氏のクリミア入域禁止を2034年まで延長

ロシア、クリミア・タタール人指導者ジェミレフ氏のクリミア入域禁止を2034年まで延長

更新
ウクルインフォルム
被占領下クリミア占領政権「裁判所」にて、2年前に、クリミア・タタール民族指導者であるムスタファ・ジェミレフ氏のロシア連邦入国禁止が2034年3月5日まで延長されていたことが明らかになった。

5日、弁護士のニコライ・ポロゾフ氏がフェイスブック・アカウントにて伝えた

ポロゾフ氏は、「ロシア連邦保安庁(FSB)による裁判所の問い合わせに対する回答により、2019年3月5日、露FSBは、新たな決定第140/3KC/13/857を採択しており、それにより、ロシア連邦へのムスタファ・ジェミレフ氏の入国禁止が2034年3月5日まで延長されていたことが判明した」と書き込んだ。

なお、クリミア・タタール民族指導者として知られるムスタファ・ジェミレフ氏は、被占領下クリミアにて、「ロシアへの入国が許可されていない外国籍者によるロシア国境の事前談合による集団での越境」「銃器保存」「違法な弾薬取得・保存」の「容疑」で起訴されている。また、ジェミレフ氏は、2014年のロシアによるクリミア占領以降、同国によりクリミアへの入域が禁止されている。

※修正箇所:記事冒頭部分「2014年3月5日まで延長」→「2034年3月5日まで延長」


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-