「ウクライナはミンスク諸合意離脱を計画していない」=副首相

「ウクライナはミンスク諸合意離脱を計画していない」=副首相

ウクルインフォルム
ウクライナは、ミンスク諸合意からの離脱を計画していないが、合意には修正が必要だと考えている。

18日、オレクシー・レズニコウ副首相兼一時的被占領地再統合問題相が1+1局番組出演中に発言した。

レズニコウ副首相は、「政権は、ミンスク諸合意から離脱しないし、その計画もない。なぜなら、それは2014年に負い、2015年に継続した、政治的・外交的義務だからだ」と発言した。

副首相はまた、ミンスク諸合意は理想的なものではないし、法的にも不安定なものであり、見直しと修正を要するものだと指摘した。加えて副首相は、被占領地再統合は、安全で、国を分断させるようなリスクをもたらさないように行うべきだと述べた。

そして副首相は、ロシアがミンスク諸合意に違反していると述べ、その例として「ミンスク合意方策パッケージには、コンタクト・ラインが最高会議の決議で定められた座標上になければならないことを明確に定めている。その合意に従えば、デバリツェヴェ市はウクライナ政府管理地域になければならないのだ」と説明した(編集注:2015年2月、ロシア占領軍は署名された『ミンスク両合意履行のための方策パッケージ』の定める停戦発効から数日後にウクライナ側のコントロール下にあったデバリツェヴェを武力占領している)。

副首相は、ウクライナは、今後も協議にて自らの立場を防衛していくと強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-