ステパノウ保健相、コロナワクチン購入協議のためにインドへ渡航

ステパノウ保健相、コロナワクチン購入協議のためにインドへ渡航

ウクルインフォルム
マクシム・ステパノウ保健相は18日、ワクチン製造業者セルム・インスティテュート(SII)と協議を行うため、インドへ向けて出発した。

SIIは、アストラゼネカ社やノババックス社のコロナワクチンを製造している。ステパノウ保健相がフェイスブック・アカウントにて伝えた

ステパノウ保健相は、「キーウ(キエフ)〜ドバイ〜デリー〜プネー。17時間後には、目的地プネーヘ到着する。世界最大のワクチン製造業者であるセルム・インスティテュートとの協議の準備をしている。残念ながら、パンデミック(世界的感染拡大)は、今後数年間にわたる世界の問題となる。私たちは、追加的な数(編集注:のワクチン)の契約はもうしておかなければならないことを理解している。そのため、基本課題は、すでに契約済みの1200万回分のワクチンに加えて、製造業者と直接2021〜2022年のオクスフォード/アストラゼネカとノババックスの追加分ワクチンの供給について合意することだ」と書き込んだ。

大臣は、最初のワクチンのウクライナへの発送を現場で監督するとも述べた。

写真:ステパノウ保健相(フェイスブック)


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-