日本の対露制裁継続の立場について確信がある=イェーニン外務次官

日本の対露制裁継続の立場について確信がある=イェーニン外務次官

ウクルインフォルム
ウクライナは、日本のロシア連邦に対する制裁が、その解除条件を全て満たすまで完全に維持されることを確信している。

16日、キーウ(キエフ)市内で開催されたフォーラム「アジア戦略の実行 ウクライナ・日本間協力の役割」(新欧州センター主催)の際に、イェウヘーニー・イェーニン外務次官が発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

イェーニン次官は、「私たちは常に、日本のパートナーたちと広範な問題について対話を行っており、私たちには、日本の友人たちの制裁に関する立場につき絶対的な確信がある。制裁は、ロシア側が、一時的被占領地返還とドンバスの平和回復のための然るべき前提条件を全て履行しない限り、制裁解除の話にはならない」と発言した。

イェーニン次官はまた、ウクライナは対露制裁につきあらゆる国際パートナーたちと対話しているとし、オーストラリア政府が最近、対個人・法人制裁を3年間延長する決定を下したと報告した。

また本件に対して、倉井高志駐ウクライナ日本国大使は、「ロシアに対する制裁解除についての真剣な協議は一度も行われていない」と明言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-