安保会議は親露TV局がロシアから資金を得ている証拠を得た=大統領府副長官

安保会議は親露TV局がロシアから資金を得ている証拠を得た=大統領府副長官

ウクルインフォルム
国家安全保障国防会議(NSDC)の親露テレビ3局と同局所有者への制裁発動の決定は、それらが侵略国ロシアから資金を得ていることを示す証拠にもとづいている。

イーホル・ジョウクヴァ大統領府副長官が動画コメントにて発言した。ウクルインフォルムが動画を入手した。

ジョウクヴァ氏は、「昨日、NSDCは、テレビ3局とその所有者に対する制裁発動という連帯した決定を採択した。これらテレビ局が長期にわたり侵略国から資金を得ているということを示す疑いようのない証拠がその根拠となったことは間違いない。侵略がさらに強まり、クリミアの占領が続き、ウクライナ兵が被占領下ドンバスにて死に続ける中、その証拠をもって、国家が何も行動しないわけにはいかなかったのだ」と強調した。

ジョウクヴァ氏は、NSDCは保安庁(SBU)からロシア連邦からの資金援助という「明白な証拠」を得た上で、制裁に関する決定を採択したのだと指摘した。

同時に同氏は、NSDC決定は表現の自由の侵害にはあたらないとし、「ウクライナのメディア空間では、大統領、政権全体に対して毎日、毎週どれほどの独立した調査報道が行われているかを目にすることができる。それは今も継続しており、もちろん今後も続く。なぜなら、それが報道の自由、報道の独立だからだ。しかし、報道、ニュースとフェイク、プロパガンダを混同すべきではない。それらは全く異なるものだ」と発言した。

これに先立ち、2日、ゼレンシキー大統領は、NSDCの2月2日付決定を発効させる形で、ロシア連邦のプーチン大統領の宗教上の親族であるヴィクトル・メドヴェチューク最高会議議員に近いタラス・コザーク同議員と、コザーク議員所有のテレビ局である112ウクライナ局、ニューズワン局、ジク局に制裁を科していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-