キーウ市の新型コロナ患者用の病床使用率 70%超

キーウ市の新型コロナ患者用の病床使用率 70%超

ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)市では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者用の病床の使用率が70%を超えている。

9日、ヴィタリー・クリチコ・キーウ市長が記者会見時に発言した。

クリチコ市長は、「コロナウイルス患者全員が医療支援を受けられるよう、市はあらゆることを行っている。私たちは、入院の必要な患者用の病床の数を徐々に増やしている。現在、2500以上の病床が市内の20の医療施設にある。これら病床の使用率はすでに70%を超えている」と伝えた。

市長は、現在のようなテンポで感染件数が増えれば、公共医療機関の病床はすぐに足りなくなると指摘した。

なお、9日の発表では、キーウ市で前日に確認されたCOVID-19件数は567件。クリチコ市長は、また、現在医療施設で治療中の患者は1675名で、その内338名が重症、46名に人工呼吸が用いられていると説明した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-