ウクライナとEU、共同声明を発表

ウクライナとEU、共同声明を発表

ウクルインフォルム
6日にブリュッセルで開催された第22回ウクライナ・欧州連合(EU)首脳会談の際に共同声明が発表された。

欧州理事会ウェブサイトにEUウクライナ首脳会談共同声明が公開された

共同声明は、全16項目からなり、連合協定履行の文脈でのウクライナ国内改革や貿易関係の進展を中心としつつ、クリミア・ドンバス問題、新型コロナウイルス問題、東方パートナーシップ(EaP)にも言及がある。

改革分野については、双方は、複数の重要改革の進展を認めつつ、裁判改革の加速と汚職との闘いを強化する必要があることに同意している。

声明の第6項目には、「私たちは、土地改革の開始、銀行規制法の採択、非中央集権化の進展を歓迎した。私たちは、反汚職裁判所(HACC)の活動開始を歓迎した。私たちは、特に司法部門(高等司法評議会改革、高潔な裁判官の独立した選出を含む)と、強力かつ独立した汚職対策機関を保障することでの汚職との闘いにおける、改革努力の加速と強化の重要性につき合意した。私たちは、民間利益の影響との闘い(脱オリガルヒ)を行うというウクライナの刷新されたコミットメントを歓迎した。その点で、私たちは、ウクライナのメディア多元性の更なる強化の必要性を強調した」と書かれている。

その他、第3項目では、法の支配強化、改革進展、持続可能な経済成長の加速などを通じた、ウクライナのEUとの政治的連合と経済的統合を強化するという双方のコミットメントが再確認されている。そして、第4項目には、「私たちは、連合協定に言及されているように、ウクライナの欧州願望(European aspirations of Ukraine)を認識(acknowledged)し、同国の欧州選択を歓迎した」と書かれている。

双方は、ウクライナ・EU連合協定の潜在力を完全に利用するために作業をすることに同意し、その点でウクライナが自らの義務を履行することの重要性を強調した。

また、連合協定とDCFTAにより、EUウクライナ間の二者間貿易量は、協定の発効した2016年1月から65%拡大しており、その結果、EUはウクライナの最大の貿易パートナーとなっていることが喚起されている。

また、第11項目では、「私たちは、連合協定に定められているように、2021年に連合協定の達成につき包括的なレビューを行うことで合意した」と書かれている。

写真:EU


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-