ゼレンシキー大統領、ベラルーシ情勢につき「民と対話をしない政権は消滅する」

ゼレンシキー大統領、ベラルーシ情勢につき「民と対話をしない政権は消滅する」

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、ベラルーシ情勢に関するウクライナの立場は欧州の国々と同じであるとし、ベラルーシの政権が民と対話をしなければ、その政権は消滅すると発言した。

24日、ゼレンシキー大統領がブラチスラバ訪問中にチャプトヴァー・スロバキア大統領との共同記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ゼレンシキー大統領は、「今私たちが見ているものはこうだ。政権が、自らの民に対して行なっている行為、特に治安機関の行為、を止めなければ、彼らは非常に強力な結果と民からの返答を受け取ることになる。政権が、自らの民との対話の可能性を見出さなければ、その政権は消滅する。この点で、ウクライナは常にパートナーたちを支持していくし、その点で私たちの考えは欧州の国々全てと同じである」と発言した。

なお、23日、ベラルーシの政権寄り報道機関は、同日アレクサンドル・ルカシェンコ(アリャクサンドル・ルカシェンカ)氏が大統領に就任したと報じている。同日の就任式は、事前に開催の発表がなかった。

同「就任式」実施を受け、ウクライナはクレーバ外相が、ルカシェンコ氏のベラルーシ大統領「就任式」の不承認を発表した他、米国、カナダ、英国や欧州連合(EU)およびEU複数加盟国が、ルカシェンコ氏の大統領就任の正当性を認めないなどの発表を行なっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-