クレーバ外相、ハンガリー外相と民族マイノリティ問題を議論

クレーバ外相、ハンガリー外相と民族マイノリティ問題を議論

写真
ウクルインフォルム
クレーバ外相は、23日のザカルパッチャ州でのハンガリーのシーヤールトー外相との会談時、民族マイノリティ、教育、国境をまたぐ地域協力について政府間グループが作業を行っていくことで合意したと伝えた。

クレーバ外相がシーヤールトー外相との共同記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

クレーバ外相は、今日のシーヤールトー外相との会談は集中的で、結果のあるものだったとし、「私たちは、複数の合意に達した。当面私たちは、民族マイノリティ問題、教育問題、国境地域協力問題の3つの政府間グループが成功裏に会談を行えるよう共同に作業をしていく。国境地域協力問題グループでは、新しい国境通過検問地点の建設も議論する」と発言した。

また、クレーバ氏は、両国外務省の共催で、ウクライナとハンガリーの企業によるビジネスフォーラムを近く開催することで合意したと伝えた。

シーヤールトー外相は、涼雨国関係が適切なルートに沿って進めるようになるには、両国が複数の重要な行動をしなければならないと強調した。

シーヤールトー氏は、「現状がハンガリーにとってもウクライナにとってもザカルパッチャのハンガリー人にとっても良くないことは明白だ。私たちの問題を解決するために、多くの小さな行動をしなければならない。私たちからは、ザカルパッチャのハンガリー人を今後も支援していく。6年間で900万フォリントをザカルパッチャ発展のために拠出した。私たちは、ウクライナの領土一体性を認めているし、ウクライナへのガス供給も維持しているし、欧州へ渡航する人々のトランジット移動も保障している。私は、ザカルパッチャをウクライナとハンガリーの共同の資産とすべき、という私の同僚(編集注:クレーバ外相)の考えを支持している」と発言した。

シーヤールトー氏はまた、ザカルパッチャのハンガリー人は、前述の3つのグループの活動から大きな結果を期待しているとのべた。

なお、23日、クレーバ外相とシーヤールトー・ハンガリー外相がウクライナ西部のザカルパッチャ州で会談した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-