ゼレンシキー大統領、ドゥダ・ポーランド大統領と電話会談 ドンバス情勢や4国会合を協議

ゼレンシキー大統領、ドゥダ・ポーランド大統領と電話会談 ドンバス情勢や4国会合を協議

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は11日、ポーランドのドゥダ大統領と電話会談を行った。

ウクライナ大統領府が公表した

発表によれば、ゼレンシキー大統領は、ドンバス地方の最近の治安情勢と、ウクライナが持続可能な平和実現のために行っている努力について説明した。ゼレンシキー大統領は、ポーランドとドゥダ大統領個人に対して、ウクライナの主権と領土一体性への堅固な支持につき謝意を伝えた。

ゼレンシキー大統領は、「あなたは、ドンバスには、平和を求め、その達成に向けた努力を評価する人々が住んでいることを知るべきだ。今日、ベルリンにて『ノルマンディ4国(編集注:独仏宇露)』の首脳補佐官級会談が開催されている。私は、ノルマンディ4国首脳会談ももうすぐ開催されることを期待している」と発言した。

両首脳はまた、ポーランドのヴェルフラタ村近くの修道院山にあるウクライナ蜂起軍の戦士の墓を軍人埋葬登録に加える問題を議論した。発表には、ゼレンシキー大統領が同問題を提起したところ、ドゥダ大統領からは、次の首脳会談までにその問題が議題から外れていることを期待していると返事があったと書かれている。

その他両者は、二国間政治対話の高いダイナミズムを維持することが重要だと同意した。ドゥダ大統領は、本年10月のウクライナへの招待を感謝とともに受け取ったという。

更に両首脳は、ベラルーシ情勢の展開についても意見を交換した。ゼレンシキー大統領は、ベラルーシの国内危機に関する評価について、ウクライナと欧州連合(EU)のアプローチは共通していると強調した。

両者は、新型コロナウイルス拡散対策についても協議したとあり、ゼレンシキー大統領はドゥダ大統領にポーランドからの支援につき謝意を伝えた。

なおこれに先立ち、ポーランド外務省東方局のホフモクル局長が、ドゥダ大統領は10月12、13日にウクライナを訪問する予定だと発言していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-