サーカシヴィリ氏、ジョージア選挙で野党勝利の際には首相になる用意があると発言

サーカシヴィリ氏、ジョージア選挙で野党勝利の際には首相になる用意があると発言

ウクルインフォルム
ジョージア元大統領であり、ウクライナの国家改革評議会執行委員会委員長であるミヘイル・サーカシヴィリ氏は、ジョージアの国会選挙にて野党勢力が勝利した場合に自身が首相になるという案に同意したと発言した。

サーカシヴィリ氏がテレグラム・チャンネルにて発言した

サーカシヴィリ氏は、「私は、10月31日の国会選挙での勝利後に(自身が)首相になるというジョージア統一野党勢力の提案に同意した。現在、国会選挙が行なわれているのは、ウクライナではなくジョージアなのだ。もちろん、私はジョージアの民が危機から脱出するのを救いたい」と書き込んだ。

同氏は、首相職をやる場合は一定の「移行期間」のみであるとし、「現在のジョージアの深刻な経済危機を克服するまでの間」の安定化の期間のみに同職を担うことに同意したのだと発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-