ゼレンシキー大統領、国民にベラルーシへの渡航を控えるよう呼びかけ

ゼレンシキー大統領、国民にベラルーシへの渡航を控えるよう呼びかけ

ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は、複雑な政治状況の続いているベラルーシにつき、ウクライナ国民に対して同国への渡航を控えるよう呼びかけた。

13日、ゼレンシキー大統領がボリスピリ集中治療病院視察時に記者団に対して発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

大統領は、「ベラルーシでは、現在非常に複雑な状況が続いている。私たちはウクライナでそれを経験したことがある。私は、そこ(ベラルーシ)で死者も負傷者も出て欲しくないし、政権が社会との対話を見出して欲しいと強く思っている。しかし、今のところ私たちが見ているのは、複雑で不安定で深刻な状況だ。私は今、ウクライナ国民にこの複雑な状況、ウクライナ人が拘束されていることから、ベラルーシへの渡航を控えるよう忠言する。情勢がおおむね安定するまでだ」と発言した。

大統領はまた、最新情報によればベラルーシで拘束されたウクライナ国民は3名であるとし、3名の把握と解放を実現すべく、ウクライナ外務省がベラルーシ当局と協議をしていると伝え、「私は、ウクライナ国民が帰国することを強く望んでいる」と発言した。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-