オランダ政府、マレーシア機撃墜につき欧州人権裁判所へのロシア提訴を決定

オランダ政府、マレーシア機撃墜につき欧州人権裁判所へのロシア提訴を決定

ウクルインフォルム
オランダ政府は、2014年のウクライナ東部ドンバス地方でのマレーシア航空機撃墜につき、欧州人権裁判所へロシアを提訴する準備を行う。

7月10日、オランダ政府が決定した。オランダ政府ポータルサイトが伝えた

発表によれば、ステフ・ブロック・オランダ外相は、「MH17悲劇で亡くなった298名とその遺族のための正義の達成は、政府にとっての優先課題であり続けている。私たちが本日、欧州人権裁判所へと提訴し、それにより遺族のクレームを最大限サポートするという一歩は、その目的に私たちを近づけるものである」と発言した。

なお、オランダ政府は、2018年5月、オーストラリア政府とともに、MH17撃墜事件への関与につき、ロシアを正式に断罪している。

また、2020年3月から、オランダのスキポール裁判コンプレクスにて、MH17機撃墜事件の公判が始まっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-