クレーバ外相、ロシアとのドンバス協議につき「全てをブロックしている問題が1つある」

クレーバ外相、ロシアとのドンバス協議につき「全てをブロックしている問題が1つある」

ウクルインフォルム
ロシアは、ウクライナが武装集団「DPR・LPR」と直接対話を行うことを欲しており、それがドンバス紛争解決協議における最大の対立点となっている。

ドミトロー・クレーバ外相が「ボイス・オブ・アメリカ」局へのインタビュー時に発言した

クレーバ外相は、「全てをブロックしている問題が1つある。その問題が解決できれば、前進ができるのだ。それは、直接対話だ。ロシアは、私たち(編集注:ウクライナ側)はいわゆる『LPR・DPR』なるものとだけ協議を行なうべきだと主張している。他方、私たちは、私たちの対話しなければならない相手はロシア連邦であり、ロシアと解決法を模索しなければならないと主張している。正直に言おう。仮に私たちがこの問題を解決できていたなら、多くの問題はとっくに打開できていたはずなのだ。その問題は今のところ解決していない。ウクライナとロシアの公式声明を見てみれば、正にその点で激しく対立していることに気がつくであろう」と発言した。

また外相は、ウクライナ代表団は、停戦、地雷除去、安全の保証といった治安問題に力点を置いており、それらの問題の解決に向けて計画的に作業をしていると発言した。

外相は、「政治意思があれば、これらの解決は達成できる。私たちに政治意思はある。あちら側では、その意思は時々ぼやけたり、消えそうになったり、またぼやけたりしている。私たちは、その政治意思が輝くことを望んでいるのだ」と強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-