ゼレンシキー大統領、「おうちで復活祭」プロジェクトを準備していると発言

ゼレンシキー大統領、「おうちで復活祭」プロジェクトを準備していると発言

ウクルインフォルム
ウクライナ政権は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、人々が人の密集する場所に行かないよう、「おうちで復活祭」プロジェクトを準備している。

大統領が全国の州行政府長官・市長との会議の際に発言した。大統領府広報室が伝えた

大統領は、「復活祭は、通常教会に多くの人が集まる。中には国外から戻った人もいるだろう。そのため今私たちは、『おうちで復活祭』プロジェクトを準備しており、もう少しで発表ができる。それにより、復活祭を自宅で祝えるようにし、教会の人の密集するところへ行かなくても良いようにするのだ」と発言した。

大統領はまた、各教会の代表と新型コロナウイルス感染が拡大する中での復活祭や様々な典礼実施の安全について話をしたと伝えた。

大統領は、「教会幹部は、典礼をオンラインですること、ビデオ会議型にすることは可能だと理解してくれている。もし何らかの典礼が人の出席を余儀なくさせるのであれば、出席する信者数を制限せねばならない。教会代表者は皆がこれに同意している」と発言した。

会議中は、教会等宗教施設周辺のパトロール実施の可能性が検討されたとのことであり、とりわけ、集まる信者に対して、人の密集するところが危険であること、自身だけでなく周囲の人にとっての危険にもなることを説明すべきだとの意見が上がった。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-