ロシアはクリミア協議を恐れている=クレーバ副首相

ロシアはクリミア協議を恐れている=クレーバ副首相

ウクルインフォルム
ウクライナにとってクリミア脱占領・返還問題は国際レベルの協議における優先課題であり続けているが、他方でロシアは同問題の議論を恐れている。

12日、ドミトロー・クレーバ副首相が米ワシントン訪問の際にウクルインフォルムの特派員の質問に答える形で発言した。

クレーバ副首相は、「言うまでもなく、ロシアはその問題をまるで炎のように恐れており、あらゆる手段で避けているのだが、しかし、私たちはクリミア問題を議題から外すことは決してないし、国際協議の際の優先課題リストから除外することも決してない」と強調した。

副首相は、ウクライナはクリミア問題について複数の重要な命題の上に自らの立場を構築していると指摘した。副首相は、「何よりまず、クリミアはウクライナであり、文明的世界では誰もクリミアのロシア連邦への帰属を認めることはない。しかし、それでは不十分であるし、事実の確認で止まってはならない。具体的なメカニズム構築のための作業をせねばならないのだ」と説明した。

その上で、副首相は、第一にはクリミアにおける人権保護メカニズムを構築せねばならないと指摘、そして第二には「クリミアの占領国」として認定されているロシア連邦に、占領国の義務を履行させねばならないと説明した。そして、副首相は、第三に、クリミア脱占領の手段の作成が必要だと指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-