NATOの優柔不断さが露のウクライナ・ジョージアへの侵略を可能にした=プリスタイコ外相

NATOの優柔不断さが露のウクライナ・ジョージアへの侵略を可能にした=プリスタイコ外相

ウクルインフォルム
2008年のブカレスト首脳会談の際に、北大西洋条約機構(NATO)加盟国の首脳たちは、ウクライナとジョージアのNATO加盟を先送りにするという、大きな過ちを犯した。

3日、ヴァディム・プリスタイコ外相は、ロンドンで開催されている北大西洋条約機構(NATO)首脳会議(NATO Engages)にて発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

外相は、「10年前にブカレストで起きたことは、私の考えでは、大きな過ちであった。最初、私たちは加盟が約束され、その後に『加盟行動計画(MAP)』のアイデアがあった。それから10年以上が経過したが、私たちは、ロードマップにも加盟にも招待されていない。私は、ロシアによる、まずジョージアへの侵攻、そしてその6年後にウクライナ攻撃を可能にしたのは、NATOの優柔不断さだと思っている」と発言した。

なお、NATOは、2008年4月のブカレスト首脳会談の際に、ウクライナとジョージアにNATOへ加盟する権利があることを認める宣言を採択している。

また、12月3、4日、ロンドンにおいて、NATO創設70周年を記念した首脳会議が開催されている。ストルテンベルグNATO事務総長は、ウクライナ情勢、ミンスク諸合意履行問題は、同会議における主要議題に含まれていると述べている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-