被占領地での選挙は治安が確保されてはじめて実施可能=米国特別代表

被占領地での選挙は治安が確保されてはじめて実施可能=米国特別代表

ウクルインフォルム
カート・ヴォルカ〜米国務省ウクライナ問題特別代表は、被占領下ドンバス地方における地方選挙は、公正かつ安全な環境が整ってはじめて可能となるが、現時点でロシア連邦はそれに向けた政治的意思を示していないと指摘した。

14日、ヴォルカー米国務省特別代表がキーウ(キエフ)で開始されたヤルタ欧州戦略会議(YES)にて発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

「『シュタインマイヤー・フォーミュラ』とは、自由な選挙が行われた後、その日に特別地位が付与され、その後そのプロセスが恒常的になるというものであり、そのフォーミュラについて私たちは話してきた。しかし、自由かつ公正な選挙は、公正かつ自由で安全な環境が存在してはじめて可能となるのだ。それを実現するためには、私たちは治安問題を解決せねばならない。正にその点で政治的意思の話が生じるのだ。今のところ、ロシアは紛争終結の政治的意思を示していない」と発言した。

同時に、ヴォルカ〜特別代表は、「最近の動き、ゼレンシキー大統領が提示するダイナミズム、人質交換。私は、これら全てが文脈を変化させ始め、いずれ進展を目にすることになると思っている」とも発言した。

加えて、同特別代表は、基本的課題は引き続きウクライナの主権と領土一体性の回復であり、ウクライナ国民全員の安全の確保であると強調し、これらの問題に関しては妥協をすべきでないと指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-