人民奉仕者党、中央選管法の改正を計画

人民奉仕者党、中央選管法の改正を計画

ウクルインフォルム
最高会議の人民奉仕者党会派は、中央選挙管理委員会法の改正を計画している。

13日、最高会議国家運営・地方自治・地域発展・都市建設委員会のオレクサンドル・カチューラ副委員長が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

カチューラ副委員長は、「私は、中央選挙管理委員会法の改正を主導していく。なぜなら、中央選管はある場面では非常に広い権限を持っており、またある場面では権限不足で機能しないからだ」と発言した。

同副委員長は、また同日委員が解任された中央選挙管理委員会の新構成形成には他の政治勢力も加われると発言し、14日から全ての政治勢力が委員候補を提出できると発言した。

これに先立ち、13日、最高会議は、賛成多数で中央選挙管理委員会の全委員を解任する決定を採択した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-