ゼレンシキー大統領、クリミア返還に関して「複数のアイデアがある」と発言

ゼレンシキー大統領、クリミア返還に関して「複数のアイデアがある」と発言

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、ロシアが占領するクリミアの返還問題は最も困難なものであるが、ウクライナはその返還に向けて闘っていくし、そのための複数のアイデアもあると発言した。

13日、ゼレンシキー大統領がキーウ(キエフ)で開催されているヤルタ欧州戦略会議(YES)の際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

大統領は、「クリミアに関しては、状況は最も困難だと私は思っている。私は今のところ、ノルマンディ・フォーマットでも、それ以外でもウラジーミル・プーチン露大統領との会談はない。私たちにとって最も困難となるのは、クリミア返還問題である。私たちは、いくつかのフォーマット、いくつかのアイデアがあると思っている」と発言した。

大統領は、「私たちは、重要な会合を行う。また、私は、米国大統領との会談も待っている。私たちは、(編集注:クリミア返還の)モデルについて考えている。私たちは、クリミアを実際に取り戻すために闘っていく」と強調した。

なお、9月12日から、キーウ(キエフ)市内の大型展示会場アート・アーセナルにて、第16回ヤルタ欧州戦略会議が開催されている。

写真:YES © 2019、セルヒー・イリン、オレクサンドル・インディチー、オレクサンドル・ピリュヒン


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-