日本政府、ウクライナ東部復興と人道支援に282万ドルを拠出

日本政府、ウクライナ東部復興と人道支援に282万ドルを拠出

ウクルインフォルム
日本政府は、ウクライナ東部に暮らす市民への人道支援、東部2州の復興、ウクライナ国防省軍病院への医療器材購入のために、282万米ドルを拠出する。

16日、倉井高志駐ウクライナ日本国特命全権大使が記者会見時に発言した。

倉井大使は、「日本政府は、ウクライナ東部に暮らす人々への支援のために追加支援を拠出する決定を採択した」と発言した。

倉井大使によれば、日本政府は、長期にわたりウクライナをサポートしており、とりわけ日本政府の支援は、インフラ発展、交通、保健の分野を中心に拠出されてきているとのこと。大使は、「(1991年の)ウクライナ独立以降の支援総額は、31億米ドルに上る。また、私たちは、尊厳革命(マイダン革命)以降、このサポートを強化しており、(2014年以降の)支援総額18.7億米ドルとなっている」と説明した。

倉井大使はまた、2014年以降、日本政府はウクライナ東部の住民への支援に資金を拠出し続けており、「この支援は、ドネツィク州とルハンシク州で直接実現されている。これら支援プロジェクトは、国連やその他の国際機関との協力により実現されている。これら支援総額は、4700万ドルとなっている」と喚起した。

また、オスナート・ルブラニ駐ウクライナ国連システム調整官は、日本の支援は、国連の諸機関が実現する4つのプロジェクトにおいて与えられていくとし、具体的に、国連開発計画(UNDP)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連児童基金(UNICEF)、国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)が実現していくと説明した。

ルブラニ国連システム調整官は、「日本政府が与えるサポートは、ドンバス地方の状況を変えるのに、極めて重要となっている」と強調した。

ヘンナジー・ズブコー副首相兼地域発展・建設・公共サービス相は、国際パートナーたちに対して、支援への感謝を伝え、また「これらの資金はウクライナ政府に与えられるのだが、それらはウクライナ東部に暮らす人々に直接向けられているものである」と説明した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-